読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一貫性のありそうでない話を

おはようございます

世間の皆様にとってはこんにちはの時間やもしれませんが

僕にとってはおはよう、そうまだパジャマなのだから

 

今夏は富良野に行きたいな(*´ω`)

 

唐突すぎますがふとそう思ったんです、富良野が呼んでいる、そんな気がしたんです。

 

富良野は最近ですと2015年にも行きました。父親と二人で一日散歩フリー切符という

道央圏の普通列車(一部特例で特急乗れます)なら一日乗り放題という夢のような切符で

実家最寄駅から滝川、富良野、課金して旭川、新得、夕張、岩見沢とぐるっと回りました。

 

真夏の北海道って関東に比べて(比べてよいものなのか???)涼しいこと極まりないんです。もう天国のような。梅雨もないし雪合戦はし放題だし。あー北海道帰りたい。

 

という話ではなく、その2015年に父親と二人で丘の上から見たあの風景をもう一度学生のうちに見ておきたいなと。

 

加えて富良野は僕がフォルクローレを知ったきっかけの地でもあります。今から遡ること10年と少しでしょうか、当時小学生の僕と母親とまだ赤ん坊だったいとこと叔母と4人で富良野クリエイターズマーケットというイベントに行きました。6月の中旬の土曜日だったと記憶しています。

 

クリエイターズマーケットなので北海道内外から手芸品や工芸品など様々な出店が立ち並ぶのです。そこで出会ったトンボ玉の店主さんとは未だに交流がありますし、買った品々は実家にもあります。今思えば不思議っちゃあ不思議なんですが出店の一角にフォルクローレを演奏している方々がいまして、僕は気になって見に行ったんです。花まつりを演奏してくれて冒頭のミソミレミのメロディラインが印象深かったのを覚えています。当時から僕は音楽が好きでしたし、母親も昔所属してた劇団の繋がりでフォルクローレを知っていたので(民俗音楽触れる機会になれば)ぐらいの感覚だったらしいのですが、いまでは……ムユスパムユスパイミジターイ。

 

そんな富良野クリエイターズマーケット、実はもう開催されておらず非常に残念で仕方がありません。ですが、富良野にはノルテポトシがあります。ノルテポトシは格安民宿で毎晩ケーナ講座をやってくれるというなんともフォルクローレ民のためにあるのか!といった民宿なのです。

 

今年の夏はノルテポトシに泊まる、そう決めた僕です。

 

洗濯物が終わったらしいので、干して携帯電話の修理へと向かいます。

 

したっけね

 

今成城学園前を出ました

こんにちは

小田急に揺られながらの投稿です。
以前、というか初投稿時にお酒に酔ってる時しか投稿しないという鉄則を設けましたが、鉄は錆びていつかは朽ちますので……。

前回の投稿からお酒に酔わない時がなかった訳では無いのですが(2回ほど酔いました)、疲れて寝てしまうんですね、歳です。


実は4月のはじめに食中毒になりまして、サークルの仲間と仲良く数名でなったので小さく地方版にも載ったようです。

小さな居酒屋さんで鶏の半生レバーを食べてのことでした。迂闊でしたよね、昨年もサークルの先輩方が食中毒になっていると言うのに学ばない僕ら。うーむ。

母親にも報告はしたのですが「アンポンタン」の一言で片付けられました、ごもっともです。

さて、このままだとただ僕が食中毒になって胃も小さくなりお酒も以前より弱くなった話で終わりなのですが……

食中毒でお店側としては営業停止処分を食らうわけです、あと賠償。

しかし食中毒における賠償っていうのは法律で定められている訳では無いんですよね、単純に倫理観の問題なんです。まあ今回は倫理観のズレがあったんでしょうね。

店側に払う気がないとなれば、僕達は何も言えないわけです。そこで強く出てしまえば恐喝罪になるので。

(京王線に乗り換えました)

時に正義まがいの暴論を振りかざす性善説人間の僕としては、今回に限っては性善説の看板を下ろさずにはいられない状況です。いくら倫理観のズレと言っても謝罪もないのは精神的にくるものがあります。このズレは大きいのです。

一言さえあれば欠陥物件で済んでいたはずなのですが、もはやレゴブロックを積んでいくそばから崩れていくような。

人間一周目(恐らく前世は木です)なので、まだまだ勉強中ではありますが……。

そんなことがありました、愚痴です。


したっけ

なんかタイトルでどうこうしようっていう考えが浅はかにさえ思えてくるよね

 「お晩です」

 

はてなブログにはアクセス解析のページがありまして、どのくらいの人がこのブログの扉を叩いてくれたのか分かるようになっています。なぜか知りませんがアクセスの足跡が何人かいるようでうれしい限りです、今宵も手元にはハイボールを携えタイピングしています、今後ともよろしくお願いしますね。

 

さて、今回は何について語りましょうか。好きな音楽が手っ取り早くて良いでしょうかね、そうしましょう。

 

僕は今では音楽サークルの長(やることなんて人前で話すことと自治会との仲介くらいの楽な役職です)を務めさせていただいていますが……

 

つい最近までピアノの伴奏は大体右手で主旋を引いてて左手でまさか和音を弾いているなんて思いもよらなかった人間なんです

 

高校時代はうっすらAからGまでコードがあって……ギターとかはそれを弾いているのね~~~~~~くらいしか思っていなかったんですが、今のサークルに入ってコード進行などを学んでいくうちに(もしかして和音ってコードのことなんじゃね……)と気づいたんです、僕の頭の中では世紀の大発見です。どんどんぱふぱふ

 

まあ厳密に言えばコードと和音は似て非なるものなのでしょうが、今回は割愛します(うまく説明できないときの逃げ文句です)。

 

コード進行の中でもお気に入り進行がいくつかありまして

C→C7

Asus4→A

Gm→Fm

の3つがもう狂おしいほど好きです。

 

Gm→Fmはaikoの「蝶々結び」でサビで登場してくるのですが、なんでしょうね。涙が自然と出てくるというか。いやホントなんですってこれが。ちょうど涙のツボに響くんでしょうね、この進行が。

↓公式のショートversionです。興味あったら聞いてね、ちなみに僕の涙ポイントコード進行は「同じように~↓~」のとこやで。

www.youtube.com

 

aikoの衝動聞きが始まったのは昨秋くらいからですかね、近所のTSUTAYAでたまたま手に取ったのが始まりでしたかね。(そういやaiko聞いたことないわ)っていう短絡的な考えで手に取り家路についたのでした。それがすべての始まりで終わりで。

 

遂にライブに行きてえという願望が沸々と僕の心の中で沸騰して来た頃。今夏のツアーのチケット販売ですよ~~との告知が

 

キターーーーーー(゜∀゜)ーーーーーー!!

 

まあファンクラブにも入っていない僕が当たるわけもなく、見事落選。現在はファンクラブに入りたいという思いが……。年間4000円は馬鹿にならない。うーーん。

 

まあでも確かにハマってることは間違いなく、つい最近も9枚まとめ借りしてきて今取り込んでいる真っ只中です。

 

暫く僕のaikoブームは続きそうです。

 

では眠気さんがこんばんはしてきたので、そろそろ今宵はさようなら。

 

 

タイトルなんて最後に考えりゃいいんだよと元新聞局員の性が働いたので最後にします

「お晩です」

この嫌に田舎臭い挨拶も昔の感覚を思い出してすらすらとタイプできるようになりました。

 

かくして今夜も私は酔いの狭間をゆらりとしているわけですが、このブログが自身の健康管理にも繋がっていくやもしれないと気づき嬉しい限りです。

 

今宵は私のお気に入りについて。

 

私のIDの通り、私はどんぐりとハイボールが好きです。

 

実家にそれはそれは大きなどんぐり(ミズナラ)の木がありまして、近年は実もいくつかつけるようになったそうです。私は幼少期、なんでも拾ってくる子でしてBB弾とどんぐりが主要採取物でした。近くの公園で学生がBB弾で遊んだあとは綺麗なBB弾が落ちていることが多く、私の格好の時間つぶしでした。秋深い頃となってくるとどんぐりも加えて落ちていて、私はそれを持ち帰っては母親に帽子の部分を刺繍してもらうのがお気に入りだったようです。子供ですから、どんぐりは無差別に拾ってきて中にはもちろん先客が食べているものもあるわけですね、母親はそれを庭先に捨てていたのですが……今となっては家より高い立派な木へと成長しています。

 

あとはハイボールですね、初めてお酒を呑み始めたころは梅酒やサワーなど甘いお酒で何とかやっていたのですが(今でもカルアミルクはお気に入りですが)、最近ハマったのがハイボールです。お酒の中でもワンランク大人の飲み物!!という偏見がありまして、まだまだ背伸びをしたい私は友人らとのお酒の席でもハイボールを頼んでしまうのです。

 

ハイボールとは従兄弟のような関係だと勝手に思っていますが、カウボーイも好きです。ウイスキーのミルク割りです、ちょっと砂糖とナツメグパウダーを振りかけると風味がよろしいと思います。ウイスキー×ミルクなんてよほどの牛乳愛好家ではないと厳しいと思いますがハマる方はハマると思うのでお試しを。ホットでもいいです。

 

カウボーイは友人らから教えてもらったわけでもなく、変なカクテル指南本から入れ知恵されたわけでもなく、オノ・ナツメさんの「レディ&オールドマン」に登場してくるのです。こりゃ美味しそうだと読了した後、コンビニへと走りました。

 

オノ・ナツメの漫画は人間関係があやふやで読者が百人で登場人物百通りのカップルがいると思います。それは作者独特の画風もあるでしょうし、変に書き込まない構成も関係あるのでしょう。専門家でもないので深入りするのはここまでにします。とにかく、オノ・ナツメはいいぞということです。分かっていただけましたでしょうか……。

 

起きたら新宿へと赴く所用があったのを思い出しましたし、少し頭痛がしてきましたので今宵はこれまでに……。

 

眠りにつく人が安らかに良い夢へ誘われるよう。

 

したっけね。

お晩です

「お晩です」

今宵はきちんと一発変換してくれました、いい子だなあ。このPCは。

 

頭いてえ……。

今夜のアルバイトがあまりにもハードすぎてやけ酒に走りました、ええ。

せっかくご来店いただいたお客様にあれこれ言うのは非常に問題がある店員だと思いますが、21時過ぎてキッチン人員減ってから混み始めるのは反則だよ、三連休初日だというのに。

 

世間は先述のとおり三連休らしいのですが私は三連勤です。水曜日には卒業式、来週の土曜日には大事なイベントと体調を崩すなんていう予断は許されません。でも働く、頑張るよ~~~。

 

かくしてまた一週間、一か月、一年が過ぎていき、4月からは三回生となっていくのだな。学生生活もあと2年間と思うと寂しい感情がふっと湧き出るものです。内心は院生となって研究の道へと進みたいところなのですが、なにせ自分自身資金繰りが自転車操業なのでうまくやっていける自信が微塵もありません、残念。

 

あと8時間後にはまたあのキッチンへと赴くわけですから、今宵はこれにて失礼したいと思います、眠りにつく人たちが良い夢と良い目覚めに恵まれますよう。

 

したっけね。

お晩です

「お晩です」

という北の大地特有の挨拶を打ち込むにあたって変換が対応してくれず、少しイラッとしてしまいました。えへへ。短気は損気ですよねぇ。

 

あれは5年程前でしたかね、私は高校に入学するにあたってスマホを手に入れたんですね。あの時代、あまりスマホは若者、とりわけ高校生の間では普及していなくて高校入学と同時にゲットする私のような輩が多かったんですね。

 

そんな私を虜にしたのが青い鳥さんです。ハマりました。高校時代から付き合いの長い友人(つい先日呑んだ、楽しかった)の誘いが元凶で、帰宅しても友人らがそばにいるような感覚が何とも言えなかったのです。

 

ところが青い鳥さんの欠点が一つ(裏を返せばメリットですが)、125文字でしたかね、短い。特に私のような文章構成力が欠如している野郎にとっては文字数という縛りは致命的なんです、困った困った。しかもツイート数ばかりはやたらと増えていく一方ですので、ネット弁慶であるに加えてタイムラインは私のアイコンで溢れているという、青い鳥さんエアプさんでも即回答できる状況に。さあエアプさん、今ですあのセリフを。

 

「おまえ向いてねーよ」

 

ということに先ほど銀座線に揺られながら気づきまして(5年以上やっておいて今更かよというツッコミはさておき)

 

顔本もやっているのですが、実名でやっている上に父上がなぜか友達にいるので、あまりにも恥ずかしい文章を晒すわけにもいかず……。

 

ということで始めたのがこのブログです、思えば青い鳥さんよりも顔本よりも遥か古来からネットの荒波でどんぶらこしているツール。しかし今も廃れることなく芸能人が近況を報告したりするのに重宝している(ように私の目には写ります)。加えて何文字書いても誰にも迷惑かけないもんね!!やったね!!(ブログを最後まで読む暇人なんてこの世に数多存在するだろうし、そんな人はどんなに駄文でも最後まで読んでくれるはずよというどこから湧いたのか分からない信念を貫き通す私であった)

 

そんな願ったり叶ったりのブログを始めるにあたっていくつか私自身に対してお約束を課したいと思います。ちゃんと守れよ!!

 

1、お酒を呑んでおり、且つ恥ずかしい文章でもつらつらとタイピングできるほどに酔っていること。それ以上でもそれ以下でも更新は許さない(朝見たら恥ずかしさに蒸気が噴きだすくらいがちょうど良いのですよ、本性晒していこうぜ、なあ)。

2、消さない。

3、「ブログ始めたんすよ~~~~~wwwww」とひけらかさない。青い鳥さんのリンク欄にURLをはっつけるに留める。

 

そんなところでしょうか。

いささか頭痛がしてきましたので(冷酒はあとから効いてくるものです)、本日はここ迄にしておきたいと思います。

 

では北の大地民特有の別れの挨拶で。

 

したっけね。