あぁ、冬が終わってしまう

こんにちは

 

いや、こんなブログなぞ書いている場合ではない……場合ではないのですが、無性に書きたい欲が湧いてくる時があるのです。

 

私が所属するゼミナールは四回生が書く卒業論文はもちろんのこと、我々三回生もその前段階として進級論文を書きます。提出迫る進級論文、焦る私、とても整理しきれないデータ、見えぬ終着点……。善処します。(前進あるのみですよ、と優しく語りかけてくる教授の顔が思い浮かびます)

 

話は打って変わって、今日は冬至です。大学生になってからというものの祝日や曜日感覚というものが尽く薄れているのですが、私が大好きな冬が一番濃い今日だけは大事にしたいと勝手ながら思っています。

 

冬なんて寒いし何がいいんだと首を傾げる方もいらっしゃるかもしれません。

 

これだけは北国の特権なので本当に申し訳ないとしか言い様がないんですが、雪が降るんですよ。

 

朝起きた時、授業中、散歩している時、ふと街に静けさが訪れたその瞬間、気づけば白い天使達が天空から舞い降りてくるあの感動が私を今でも熱くさせるのです。

 

まあ、私が生粋の雪好きだからこんな事が言える訳で、勿論雪嫌いの北国人もいるでしょうし、結局は好みの問題です。ハイ。

 

そんな、雪がひたっすらに降り積もる、息が白いのを遊ぶ、寒いことをいいことに人肌を求める……冬がサヨナラを言い出したのが今日、冬至です。

 

春夏秋なんてクソくらえ、ずっと冬だったらどんなに良いことか……。

 

そんな冬過激派の私でした。

 

 

では