時間に抗っていけ

こんばんは

 

ここ一週間ほどの容赦ないお天道様の魅力が余りにもまぶしく目を背ける日々が続いていますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしですか。私はこうやってブログを更新する程度の元気はありまして、今日は友達とラーメンからのパフェでスタミナ(?)をつけました。

 

先ほど涼宮ハルヒの憂鬱エンドレスエイト回を見ていていたのですが(ちなみに4回目です、キョンがループしていることに気づく回)、ふと夏休みらしいステレオタイプな青春を全くといって良い程してこなかったことに気づき、やりきれない気持ちになりました。この時期に再放送したNHKの罪は重いのだ……。

 

花火大会に行ったことは覚えている限り1度しかありませんし、夏祭りも2度ほど……友達が近くに住んでいなかったことが大きいとは思うのですが、なにせ引っ込み思案な性格が災いして「花火大会行こうぜ!!」とか「お祭りいこ!いこ!」なんてセリフを口にすることは恥ずかしながら一度もないのです。

 

行きたいという思いはもちろんあるのです。ただ言い出す勇気がなくて……損な性格をしているなあと思いつつ21回目の夏がやってきました。

 

逆に言えば誘ってくれれば、嬉しくなっちゃってカレンダーとお財布と相談して大体OKが出るということです。誘ってください。花火大会行きたいです。りんご飴とか綿あめとか……もう想像するだけで心躍りませんか?コドモだって笑うなら笑ってくださっても構わないのですよ?

 

 

 

 

少し話はずれますが、時間の加速について皆さんはどういったお考えをお持ちでしょうか。

 

なぜそんなことを突然、藪から棒に尋ねるのか、青天の霹靂かもしれませんが。何を隠そう目下私のここ1か月の最大の悩みが時間の加速なのです。

 

土日と一日アルバイトに費やして、月曜日が始まったと思えばもう金曜日です。今日もグルーミーな気分で炎天下の中を過ごしていました(知り合いの社会人からは羨ましいと至言をいただきました)

 

例えばA地点からB地点まで向かう道が二つ(ルートαとルートβと名付けましょう)あったとして、どちらも大体同距離で信号の数なども変わらないとしましょう。普段ずっとルートαでABを往復していたとして、ある日突然ルートβに切り替えたとしたらどのような感情を抱くか想像がつきますか。

 

ルートβの方が距離が長いと感じてしまうのです(自分自身で実証済みです)。

 

道を変えたことで景色やら何やらが一変し、新しいイベントが脳内で発生したりするので距離を長く感じてしまう……と。

 

人生も一緒で子供の時の方が時間の流れが遅く感じるのは、未体験イベントが怒涛のごとく押し寄せ、その波に揉まれることで毎日があんなに楽しかったんです。成長するにつれてこの世界で起きることなんて大概決まりきっているので、慣れてしまうが故に時間の流れは次第に加速していく……と。そういう仕組みらしいですよ。まったくもって非情ですね。

 

同じく私のここ数か月も4月に進級して発生した変化に次第に慣れてきたために、加速運動が始まっていると考えるのが自然なのでしょうか。

 

そんなことで時間が浪費されていくのはうら若き大学生としては当然許されることではなく、時間の残酷さに悪態をつきつつもなんとか新イベントを発生させるために奮闘していきたい。そんな気概で生きていきたいと思う限りです。

 

時間に抗う私に少しばかりの同情の眼差しを向けてくれれば幸いです。

 

では